FC2ブログ

スイス、ジュネーブ 生活 

目指すは素敵なマダム。 ジュネーブ生活19年目 ワイン レシピ 生活情報 旅情報 専業主婦のあれこれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イビサ化してきたフヴァール島

2年ぶり2回目のフヴァール。

Hvar 6

やはり海は最高に綺麗だった。

スクラディンの町をレンタカーで出発。スプリトの町の港でレンタカーを返し、そこから船でフヴァール島へ。午前中にスプリトに到着したのに、フヴァール島のフヴァールの町へ到着するカタマランのチケットは売り切れていたので、大きなボートでSTARI GRADの町に到着。

(カタマランのチケット購入、2015年現在に置いても、ネットで買えるのは限定枚数だけ、ほとんどが実際ボート会社に行って買わないといけないシステムなので、前持っての準備が難しい。以前は購入は当日とか言われていたけれど、実際、前日にも買えたり、今回も前日からのみとかの情報を聞いていたが行ってみると、5日後なのに買えたりとよくわからない。)

前回はアパートの人がSTARI GRADまで迎えに来てくれたのだが、今回はフヴァールのバスターミナルで待ち合わせ。だから到着後バスでフヴァールの町へ行った。バスという事は勉強して知っていた、でも公共のバスだと思っていたら、PRIVATEのバス会社、そして20分も乗らないのに、バス代がクロアチアの物価としては高かった。稼げるのは夏だけなので仕方ないでしょう。。。

今回は前回とは違う別の人気があるアパートに滞在したのですが、すごく綺麗で、毎日掃除にも来てくれて、大満足。ビーチはもちろんPOKONJIビーチ。フヴァール近辺ではやはりここが一番綺麗で設備も整っている。

フヴァール島でした事、毎日ビーチで日焼けと読書。

地元から来てるみたいな同じ家族を毎日夕方見かけた。お父さん、ちょっと小太り部門に入りそうな体系なのに、すごく泳ぎが上手だった😁

ある日そのお父さんが捕まえたのは、、、

Hvar 3

タコ!海で素手でタコ!生きているタコ見たの初めてかも。

小さい女の子がいて、その子の名前はミーナだった。お父さんとソックリ、そして小太りさもソックリ😉 ある日午前中に町へ行くと、ミーナがあるレストランの前で座っていた、ミーナのお母さんも。そしてお父さんもいた。お父さんはどうやらそこのレストランのオーナーらしい。でもその家族が選ぶビーチなんだから、やはりPOKONJIがいいのかもしれないと確信。

フヴァールの町

Hvar 8


hvar 2

ベネチア支配の頃の物?

Huvar 1

町も相変わらず素敵だった。

が、、、夜町の真ん中へ行くと、すごい数の若者達!😵 10代か?20代前半か?グループごとに歩いてバーやクラブに向かっているのだが、各グループ人数が多い、30人ぐらい?もっと?その数で一緒に旅行しているのかと思ったら、彼らはユースホステルに宿泊していて、そこで全員出会い、そこから皆一緒に夜出かけて来るのだという。

ユースホステル、実はうちの父、私の出身の県のユースホステルの会長を長い間していたのだ、にも関わらず私は一回も泊まった事がない。

とにかく若者増えたなーという印象。2年前よりずっと人数が増えた。特に7月8月はすごいらしい。

クロアチアまだ物価が安いし、ヨーロッパ各地から簡単に来れるし、イビサにはちょっと行けないという人達なのかしら?イビサの方が若者達だけじゃなくて、もっとおしゃれなパーティーピープルの人達がいそう。って私はイビサには行った事がないが。。。


クラブやバーがある場所はフヴァールで一番の高級ホテルのすぐ近く。多分夜相当うるさいのじゃないかと思うけれど?



ランキング参加しています よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます🎶





にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

泳げる滝があるクルカ国立公園

プリトヴィッツエを後にして次の目的地クルカ国立公園へ。

クルカ3

またまたガラガラの高速道路を通りました。この日はとっても小さなカワイイ町、スクラディンに滞在。ここも観光業に力を入れてるみたい。朝なんか2人のおばさんが、ゴミ箱とほうきを持って街中掃除していた。

アパートに荷物と車を置き、スクラディンのボート乗り場からクルカ公園へ。ボートは無料。20分ほどで公園へ到着。

ここの醍醐味は泳げるという点なので、ほとんどの人が水着で泳ぐ気満々。

クルカ1

暑かったので、夫は早速泳ぎにいきましたが、水は超つめたかったそう。私は荷物見張り役なので、泳ぎませんでした。
ここも泳ぎ用のサンダルを持っていった方がいいと思います。

いろんな滝で泳げるのかと思ったら、泳げるのは一番手前の滝だけだった。

クルカ2

その後公園を一周。プリトヴィッツエの方がそれはそれは綺麗。入場料も同じ額なので、別にこの公園にわざわざ来なくてもいいかな?と思いました。ただ泳ぎたい人は別です。(もう一つ、プリトヴィッツエのトイレは無料でもクルカは有料)

またボートでスクラディンの町に。今回の滞在中でスクラディンの町が最も滞在費が安かった。

素敵なレストランがたくさんあり、私たちはカンティネッラというレストランへ。綺麗な庭でおいしいラムを頂ました。

クルカ5


そして次の日フヴァールへ移動。


ランキング参加しています よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます🎶






にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






プリトヴィッツエ公園 その2


プリト13

公園内の設備はよく整えられている。レストランも各ステイションにある。ここにもハンバーガーが登場していた。
おすすめはチキングリルバーガー、パンフライではなくきっちりグリルって所がいい。

プリト5

ピクニック用意できる人は、持ち込みの食べ物を持っていって好きな場所で食べる事ができるが、ホテル滞在者にとっては、前持って購入する場所はない。ホテルでは毎日違ったたくさんの日本人団体客そして韓国人団体客を見かけた。ある朝、1人の韓国の人がレストランの人に結構きつい調子で何か言われてた。原因は朝食用のカウンターから自分の持ち込みのポットにお湯を注ぎ、ついでに紅茶をそこで作ったというものだった。レストラン側は、ここで飲む用だといいけれど、レストランから持って出る場合はお金を払ってもらうと。結局韓国の人はお金を払う形を取った。朝食用は朝食用、ホテルのマナーなので気をつけたいところ。

トイレも各ステイションにある。女性用はランチ時すごい行列になっているが、結構早く進む。たくさんの数があって、常にお掃除の人もいるって所がまたクロアチア🎵 

プリト10

2日目もまた10時頃から始めたが、結局前日ほぼ全行程を歩いたので、また重複する形になった。反対方向からの景色は別ものだが、プリトヴィッツエ公園は1日十二分に時間が取れるなら1日でいいかも?

この日は4時頃ハイキングを終え、ホテルのマッサージに行った。ホテルなのに安い!1時間で250クーナって3千円ぐらい?ジュネーブは1万円越える。これはぜひぜひと、ちょっとリラックス。

プリト 9

私達が行った時期にも(6月末)たくさんの人が訪れていた。歩く早さが遅いし、立ち止まって写真を取るので、トレイルの上で、渋滞が発生していた所もあった。いつも思うのですけれど、人々の行き来を止めて写真を取る人、これが写真取るの遅いんだな。。。夏真っ盛りになれば、またものすごい数の人が訪れるらしく、覚悟がいるでしょうね。

すごく楽しい公園ハイキングだったのですが、なにせ去年アイスランドの広大な自然を目にした私は、ここは1回くればいいかな?と。アイスランドは何回も行きたい!夫に国と一公園を一緒にしてはいけないと言われました😥 アイスランドとクロアチアの物価が4倍?ほど違う。アイスランド、そうそう簡単には行けない国なんですね。。。


ランキング参加しています よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます🎵






にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






今回の最大目的地、世界自然遺産プリトヴィッツエ国立公園

今回のクロアチア旅行の最大目的地、プリトヴィッツエ国立公園。せっかくジュネーブから行くのだから、丸々2日間歩くプランを立てました。宿泊は公園のすぐそばのオフィシャルホテルに3泊。

ザダールから車で2時間ぐらいでホテルに到着。その前にスーパーによってハイキング中の水を購入。クロアチアの水はきれいで、スイスの様に普通に水道水が飲めますが、なぜか?今回の旅行中は水をずっと買っていた私。。。

ホテルはシンプル、いつ建てられたのかは知りませんが、一回も改装されていない感じ。でもホテルのベッドシーツやタオルは文句なしにいいものだった😀

周りは公園と森、車で出かけるのもおっくうだったので、滞在中はホテルのハーフボードをリクエスト。

到着日はホテルのバーでアペロして、レストランで食事。(滞在中毎日この順番)食事は豪華ではないけれど、普通に美味しかった。毎日各コース2種類の選択がありました(前菜、メイン、デザート)。飲み物は別料金。私達は毎晩違う赤ワインを飲んでいました。

さて次の朝、待ちに待ったハイキング日。朝早くから公園の方へ歩いて行く人達がホテルの部屋から見えました。私達は10時頃からスタート。ホテルから歩いてすぐのST2から始める。地図を20クーナで購入(やっぱり買ってよかった。250円ぐらい?)でもよくわからなかったので、入り口にいる係員さん達に聞く。どの人もクロアチア人だと思うが、さすが世界に知れ渡る観光地、英語を完璧に話す。クロアチアは観光に従事する人達はどの人も英語がかなり話せる。これがイタリアやフランスとは大違いな点なんだなー。観光に賭けるクロアチアの意気込みがとてもよくわかる。

公園の入り口

プリト4

勧められた1日コースK(6時間から8時間コース)を歩く事にする。まずバスでST2から上に登ってST3へ。ここから歩き始めたのだが、最初は全てに感動!絶景の連続。特に湖の綺麗な透明さ!私達はスイスから旅行している者達、それでもこの公園とても綺麗だった。だから都会から来ている人達にとっては、それはそれは素晴らしく綺麗な自然がある場所に違いないでしょう。

歩く場所は設置されている木のトレイル。

プリト1

これが私の知っていたハイキング🎵 スイスに来てから知ったハイキングとは全く違う。スイスでハイキングってほぼ山登りじゃない!って感じ。アルプスの山を歩くのとは違って、ここはずっとこの木のトレイルの上。楽勝でした。このトレイルから外れて歩くのは禁止されていて、もっと積極的に本当のハイキングをしたい人はオフィシャルガイドさんと山に行かないといけないらしい。


プリト2

幅が1メートルちょっとぐらい?丸2日間歩く中考えていたのは、年間何人の人が湖に落ちちゃうのだろう?そして年間どれくらいの人が湖に携帯を落とすのだろう?これ知りたーい!

湖の中に入るのは禁止されているが、携帯落とした人はきっと入っているだろうな(浅い所ではですよ)ゴミもほとんどないが、やっぱり不届き者はいるのです。タバコの吸い殻がたまにありました。こんな素敵な自然の場所に来て、タバコ吸うってどういう神経?それもポイ捨て。全てはやはりその人の教養からなんですよね。。。

私は歩き様にナイキの超軽いスニーカーを買いました。

サンダルで歩いている人もいたし、普通の靴の人もいました。

こんな女の子達も、、、

プリト3

町で買い物する姿となんら変わらない😁

この公園にはいくつかのコースがあり、団体さんなんかは数時間で歩ける所だけ、もっと短くしたい人は短くできる。上りや下りがあまりない所のコースは普段の靴や服でも十二分。ただ1日歩くとなれば、サンダルは辞めた方がいいと思いますが。。。


結構情報ありますので、また次回へ🎵




ランキング参加しています よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます🎵




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




クロアチア トロギールからザダールへ

数日間滞在したトロギールからレンタカーでザダール経由でプリトヴィッツエ公園に向けて出発する日がきました。トロギールは旧市街地から橋を渡った(本土とは反対方向)半島部分の素敵なプール付きのアパートに滞在していました。旧市街地までは歩いて7分(クロアチアの町は車が通れない小さな小道がたくさんある)ほどで旧市街に到着できる場所でした。車で道が空いていれば、多分3分ぐらいで旧市街に到着できる距離なのですが、下りが毎日すごい渋滞で、旧市街到着になんと1時間以上もかかってしまいました!ほとんど車は動かなく、とても狭い道なのに、トラックなどが走っていて、交差するのに一苦労の場所もある。これは要注意です。トロギールのこの場所から空港へ向かうとなれば、1時間さらに上乗せして計算しないと、飛行機に乗り遅れちゃいそう。

本土に辿りついた後は道は常に空いていました。特に高速道路はガラガラ。走っているのは、外国ナンバーのいい車、ザクレブナンバーのいい車、そして観光バスぐらい。普通のクロアチア人は高速道路使わない感じ。

私でもクロアチア、レンタカー運転できたかも😉

ザダールに到着、駐車場に車を止め、旧市街へ歩いていきました。クロアチアで5番目に大きな町らしい。ここの旧市街の特徴はトロギールなどのほとんど観光色のみというのではなく、普通に地元の人が旧市街で住んでいて、生活が感じられるという点。

到着して最初にした事はランチ!

適当にすぐあったレストランを選びました。

私はイカのフリット。

ザダール3

お腹が一杯になった所で観光開始。韓国人の団体さんがいましたね。

クロアチアと言えばレース。おばちゃん達が編み物しながら、自分が作ったレースを売っていた。

ザダール2


素敵な旧市街

ザダール 1


(写真のサイズ調整するの、忘れました!)


そして車へ戻り、プリトヴィッツエ公園へ!


余談ですが、このザダールには、すごく綺麗な無料の公衆トイレがあります。管理する人がいるのですが、無料!よくあるコインのバスケットなんかもなく、とても綺麗な公衆トイレでびっくりしました。 フランス人の観光客もいて、ただ?ただなのですか?とフランス語で叫んでいました😃



ランキング参加しています よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます🎵




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






 | ホーム |  NEXT »

プロフィール

ひー

Author:ひー
イギリス イタリア スイス 海外生活合計26年ほどになります。国際人になったという部分もあれば、日本人部分もしっかりあります。まあ 見た目が100%日本人ですしね😉 いろいろ思うところを書いていきたいです。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2 Counter

ブログ内検索

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いたします。ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。