FC2ブログ

スイス、ジュネーブ 生活 

目指すは素敵なマダム。 ジュネーブ生活19年目 ワイン レシピ 生活情報 旅情報 専業主婦のあれこれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表面的には問題のないレストラン?ローマ

ローマで食事は期待しない。だからレストラン探しも真剣にしなくて、適当に選んだ。参考にしたのはトリップアドヴァイザー。よく言われるのは、ほとんどが旅行者の口コミなので、どこまで信じられるかなんだけど、、、

結構評判のいいレストランを選んだ。予約していたのにも関わらず、テーブルがなく、しばらく待つ事に。レストランは常に満席。観光客がほとんどに、イタリア人少々。

テーブルについて、メニューを見て、私、カルボナーラにするわと言ったら、すぐ隣のテーブルのカップルが、カルボナーラは美味しくないからやめた方がいいと言ってきた。あら?そう?と違うものに。

アーティチョークの素揚げを頼んだ。これは前日のレストランで(とっても評判がよく、本当に美味しく、安かったレストラン、モンティにあるカルボナーラ)夫が頼んで食べていたもの。値段はどちらのレストランも同じだったが、大きさが全く違った。そうこっちのレストランの方が小さかった。

夫はブルスケッタ。普通に美味しかった。

ローマ 2015 8

全てが問題ないレストランに見える人には見える、とにかくサービスが早い。早くていいのだが、逆に言えば、サービスを早くして、早く食べさせ、早く飲ませ、テーブルを回転させたいと言う感じがしたのだ。

ウエイトレスの人も一見、愛想がよくて、気がきくと思う人もいるだろうが、その逆、グラスが空くと、ボトルに残ったワインをなみなみ注ぐ。そして食べ終わってないお皿を下げようとする行動が隣のテーブルでも見られた。

反対側の隣のテーブルにはフランス人の若いカップル。このカップルも同じく、このレストランはお客を押し出したい感じがすると笑っていた。

水はボトルではなく、多分フィルターを使っていると思うがカラフで2ユーロ。気が利くウエイトレスの人は気がつく、どの客が見抜いているか。私達はわざとゆっくりワインを飲んだ、笑。反対側のテーブルも同じ感じ。

そしてこの日はクレジットカードの機械が壊れていると言う、よくあるパターン。そう言われれば皆、現金で支払う。 夫は現金がないのでカードで払いたいと言ったら、マネージャーみたいな人が外へ夫を連れ出した。すぐ向かいにオーナーが同じレストランがあり、そこのカードの機械を使いに行ったという。 なんともまあ、、、経理が適当なレストラン?現金集めのため?

最後にリモンチェッロのサービスが。いいサービスしましたよー的な?

トリッブアドヴァイザーの悪い評価を読むと、同じ考えの人が結構いたが、レストランの人は一つ一つにコメントを返していた、徹底されて素晴らしいレストランだ、笑。


話は変わって、イタリアって現金払いに厳しくなった。1000ユーロだったかしら?それくらい以上を現金で支払う場合、誓約書みたいな紙が出て来る。この現金は正真正銘私のお金ですみたいな。それにサインしないと現金で支払えないシステムに近年なってる。

イタリア人の平均手取り給料って1300ユーロ?1500ユーロ?1000ユーロって一ヶ月のお給料のほとんどになるから、その金額を現金で支払う人って、、、現金の出所を追跡するシステムなのだ。

ローマはツーリストタックスも1晩につき6ユーロになった!どれだけの観光客がローマにいるか。3泊すると1人18ユーロ! そのお金果たしてどこへ行くのだろうか?








ランキング参加しています。 よろしければクリックお願いいたします ありがとうございます♪




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

 | ホーム |  NEXT »

プロフィール

ひー

Author:ひー
イギリス イタリア スイス 海外生活合計26年ほどになります。国際人になったという部分もあれば、日本人部分もしっかりあります。まあ 見た目が100%日本人ですしね😉 いろいろ思うところを書いていきたいです。

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

FC2 Counter

ブログ内検索

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いたします。ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。